アラフィフ を楽しむ > エイジング > 遠近両用コンタクトレンズにフォーカス

遠近両用コンタクトレンズにフォーカス

エイジング

≪あらふぃふ必需品≫の「遠近両用コンタクトレンズ」をリサーチします。

40才になった途端、待ってました!と言わんばかりに視力が低下し、お仕事に支障が出るほどの“ろうがん”になりました(-"-)
ずーーーっと、メガネともコンタクトとも縁遠い生活を送ってきたのに、、なんちゅう仕打ち。

こちら、ジョンソン&ジョンソンのアキュビューバイフォーカル
acuvue1.JPG

最初は、やはりコンタクトレンズが恐くて、中近両用のメガネを試した。
しかし、
更年期障害からくる激しい発汗で、とてもメガネなんぞかけていられない状況に。。
おでこから吹き出る汗をぬぐう度に、メガネを外してはかけ、外してはかけ、ほとほと疲れて果ててしまった。

そこで出会った、
  ジョンソン&ジョンソンのアキュビューバイフォーカル
老眼のケアに重点をおくと遠くが見難くなるという欠点はあるが、生活していく上でどこを重視するかで度数を選択することになる。

次に問題になるのは、ランニングコスト。
          ~年をとることって、お金がかかることよね~
今まで全然必要の無かった“目”にかかるコストが、定期的に発生していくのだ。
遠近両用コンタクトは、一般の近視用のコンタクトレンズと違って値引率が低い。
ジョンソンエンドジョンソンでも、値引きしているところでもホンのちょこっとしか安くならない。
みんながもっと遠近両用コンタクトを使って、需要が伸びていけばもっと安くなるだろうに。

安く買う方法には、ネットを使うのが一番。
でも、コンタクトレンズは医療用具なので、ネットで買う際も「処方箋」が必要。
面倒だけど、自分の目のことなので、安心して買えるお店がいちばん。
「処方箋不要」なんて言われるとかえって心配になてしまう。

もし、これから遠近両用コンタクトレンズを使ってみようかと思っているなら、まずは信頼できそうなコンタクトレンズのお店(これは実店舗のこと)へ行き度数を調べてもらうこと。

  そこでのポイントは、
     「日にちが多少かかったしても、自分の生活にあったメーカーを見つけること!」

メーカーには、
チバビジョンボシュロムロート、などがある。

眼科の専門家に話を聞くと、メーカーによってコンタクトの構造が違うらしい。
ネットで調べてみるとわかるが、
“遠いところ用の部分”と“近いところ用に部分”のレンズへの組み入れ方が異なっている。
ということは、それぞれに得意なこと、不得意なことがあるわけだ。
言い方を変えれば、そのレンズが“どこを重視してつくられているか”が違う。

なので、
「このメーカーのレンズはいまいち、、」と思ったときは他のメーカーも試す。
大抵のお店で2週間お試しさせてくれるから、2週間単位で変えてみる。
2週間も使っていて支障が無ければ、普通の生活には問題ないだろうと判断できる。
そして、
多分100%若い時と同じとはいかないと思うが、自分にとってイチバンはみつかるはず。

ネットで注文するのは、この後だね。

書いていたら、随分長くなっちゃった。
遠近両用コンタクトレンズの愛用者がどんどん増えて、価格がさがるのを切に期待しています。

このサイトのTOPへ


"遠近両用コンタクトレンズにフォーカス"へのトラックバック

トラックバック先URL

"遠近両用コンタクトレンズにフォーカス"へコメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック
ドクターシーラボ サントリーウエルネスオンライン