アラフィフ を楽しむ > コスメ > 資生堂が60代向け化粧品ブランド立ち上げ

資生堂が60代向け化粧品ブランド立ち上げ

コスメ

≪資生堂≫が、いよいよ60代向け化粧品に参入!!
“50才からの~”化粧品は数多く発売されているのに、
       なんでその上は無いんだろうと思っていたら、
“やっと”と出てきましたね。

今年の春、カネボウ化粧品は50代後半~60代女性(NEW60'sと呼ぶらしい)をコアターゲットとした「CHICCA(キッカ)」を立ち上げている。
カネボウ化粧品は、こんな事を言っているようだ。
  NIPPONのMADAMたちの“きれいになりたい気持ち”を呼び起こし、
  新たな価値を提案していく。
マダムと呼んでいるだけあって、「CHICCA(キッカ)」というブランドは値段もマダム向けの設定になっている。
ん~、生活に多少なりともゆとりのあるクラスがターゲットと見える。
百貨店でしか扱っていないみたいだし。

これからのNEW60'sは、ファッション感度が高くても、
  生活にそんなには余裕のない人の方が多いと思うのだが。。。。どうだろう。

さて、
資生堂が発売する
  “60歳以上の女性を対象にした新ブランド「エリクシール プリオール」”はスキンケア化粧品5品目。
想定小売価格は1680~5565円と、カネボウとはターゲットが異なる。
ありがたい事に、ちょっと試してみようかな~と思える価格設定になっている。
キャンギャル(^.^)の前田美波里さんは60才とは思えなくて、すごくカッコ良すぎてホレボレしちゃう。

    

平均寿命が延び、きんさんぎんさんがテレビに出ていた頃は“100才以上”の人はホンの一握りだったのに、いまや100才になってもニュースにもならない。
聞くところによると、2007年の100歳以上の人口は32,000人を越えたという。
そして、その中の8割以上が女性なのだ。
総人口の2割は65才以上だとも言うし、これからは“60代向け”だけでなく、“70代”や“80代”向けの商品がでてくるかもしれない。

さてさて、年代別化粧品はどこまで広がるか? (^^♪

でも、
人生の半分しか生きていないのに“シニア”とか“高齢者”とか呼ばれたくないよな~

《参考サイト》 資生堂  : http://www.shiseido.co.jp/
         カネボウ化粧品 CHICCA(キッカ) : http://www.chicca.jp/

このサイトのTOPへ


"資生堂が60代向け化粧品ブランド立ち上げ"へのトラックバック

トラックバック先URL

"資生堂が60代向け化粧品ブランド立ち上げ"へのコメント

CommentData » Posted by 奥野 満里 at 11/06/02

待ってました。女性は50才を過ぎたら、もう女として扱ってさえもらえない厳しい社会現象です。私は60歳!まだまだ元気と思っていても 肝心の世間に見せる顔は気持ちとは反比例して 下降気味・・・ あ~ 重力にはかなわないなあ なんて嘆いております。 別にニュートンが悪いわけではありませんが、かといって 高い化粧品を購入するほど収入はないし。 お手ごろ感 満足感 試してみたい化粧品です!

"資生堂が60代向け化粧品ブランド立ち上げ"へコメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック
ドクターシーラボ サントリーウエルネスオンライン