ひとり旅の検証 > 国内旅行 > 関東 > 江ノ島ひとり旅、沈む夕日にグっとくる瞬間

江ノ島ひとり旅、沈む夕日にグっとくる瞬間

関東

≪江ノ島≫「江ノ電ぶらり旅~」

“港港に、カレシがいる”と噂されている(#^.^#)、ワタクシめでありまーす。
ひとり旅の報告 第2弾、
  神戸に続いて、潮の香り漂う江ノ島に着きました。

めの前に広がる大きな夕日☆彡
おおっきな江ノ島の夕日

何度目かの江ノ島。
何かをふっきりたいとき、ここを訪れます。
江ノ電に乗って、ことこと、とことこ、気の向く駅にぶらり。
                  海辺を歩いたり、歩道を歩いたり、

海辺でみつけた ちゃりんこ
海辺でみつけた ちゃりんこ
  ボードを運ぶために、こんなものが付いている。

江ノ電 江ノ島駅のスグ近く「備屋珈琲店」
「備屋珈琲店」

コーヒーも飲みたいが、「おいしいシチューが出来上がりました」にひかれる~ぅ
誘惑に負け、シチューをオーダー、、、旨かった。
ひとりで食べるには多すぎ、と思いながらもウマさに負け、お腹パンパン。

なんともロマンチック☆
おおっきな江ノ島の夕日

誰かと一緒に夕日を眺めたいな~、なんてちょっぴり寂しかったりして。。。
ひとりぼっちを実感してしまう、センチメンタルな時間です。

江ノ電の1日乗車券「のりおりくん」を使って、まるで地元民のような顔をして(*^_^*)
電車でトコトコ移動しました。
江ノ電全線に小田急線(藤沢~片瀬江ノ島間)がプラスされた、
  「江の島・鎌倉フリーパス」っていうのも、とっても便利でお得だったわ。
だってね、江ノ島まで行ってしまうと、そこからホテルのある藤沢まで行くには、
小田急の方が近いんだもん。

名古屋の電車も、
  こんな風に「地下鉄+あおなみ線」のフリーパスがあったら
  もっと気軽に あおなみ線に乗るのにな。

≪宿泊ホテル≫ インテリジェンスホテル330藤沢

ひとり旅のTOPへ

"江ノ島ひとり旅、沈む夕日にグっとくる瞬間"へのトラックバック

トラックバック先URL

"江ノ島ひとり旅、沈む夕日にグっとくる瞬間"へコメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック


宿・ホテル予約ならじゃらんnet
毎日1組、宿代全額キャッシュバック!


★最安109円の宿★ トクー!トラベル